管理会社変更の際に注意しておきたいポイント

管理会社変更の際に注意しておきたいポイント

管理会社変更の際に注意しておきたいポイント マンションなどの集合住宅には、入居が住みやすい環境を維持していくための組織がそれぞれ存在します。
従来は管理会社に一括して任せていましたが、近年ではマンションの入居者が中心となって管理会社を選んだり、運営のチェックなどを行うようになりました。
そして、時には管理会社変更の検討をすることもあります。
そこで注意しておきたいポイントをいくつか見ていきましょう。
まずは、管理会社変更の目的を明確にしておくことです。
たとえば単純に現時点の管理会社に不満があるのか、あるいはコストを下げたい、あるいは質を上げたいのかなど、目的を明確にしておくことで、失敗なく変更することが可能となるでしょう。
次に、変更の期間中に管理責任者が誰もいなくなる可能性があること、あるいは前の管理者が全員交代となるタイミングなどには、変更を避けるようにしましょう。
その期間中にトラブルが起きても解決できなくなったり、家賃収入の支払いが滞ったりと、様々な問題が発生する可能性があるため注意する必要があります。

管理会社変更するときには業務(サポート)内容を確認する

管理会社変更するときには業務(サポート)内容を確認する マンションの管理会社変更は、コスト削減を図りたいマンションの管理組合としては、たいへん有効な手段であることはまちがいのないところです。
委託している事項を整理したり、企業間競争をはたらかせて値引きを求めるといったことで、実際に大幅なコストダウンができたというケースは多いものです。
しかし、実際に管理会社変更を行うのであれば、単にその会社から提案を受けた見積書の金額だけをもとにして決めるのではなく、業務(サポート)内容についても、注意深く検討する必要があるものといえます。
金額が安いということは、もともとその会社が人件費削減などにつとめていたという実績もあるのかもしれませんが、これまでの業務(サポート)内容から、かなりの部分を間引いてしまっている可能性があります。
その結果として、必要ない業務だけを外したつもりが、実は住民にとってたいせつな部分まで削減して、サービス水準の低下をまねいてしまったということにもなりかねません。