管理会社の選定・見積もり依頼

管理会社変更の際は現状の管理会社の問題点を整理

管理会社変更の際は現状の管理会社の問題点を整理 マンションの管理会社変更には、区分所有者(組合員)で構成される管理組合、直接的にはマンションの規模によって選出される数名の理事から成る「理事会」の総会への発議など、定められた手順や手続きが必要となりますが、マンションの管理を見直すことは住みやすさの改善や資産価値の維持、向上にも繋がります。
管理会社変更をするためには、先ず、現状の管理会社の問題点を抽出し整理を行います。
このために、理事会の理事だけではなく、居住者である全組合員へのアンケートを実施し、組合員全員の意見を集約し把握しておくことが大変重要なことになります。
一般的には、管理会社変更のきっかけとしては管理委託費などの費用面での問題が多いのですが、単純に費用面だけの比較ですと却って管理状態が悪化したり、三流の管理会社のため知識不足や対応の不備などが発生する場合がありますから注意が必要です。
良い管理会社を選ぶポイントは、問題点が管理経費にあるのか管理会社の対応や管理人など担当者の問題なのかといった点を整理することで、選定の問題点がより鮮明になり管理会社の比較に大いに役立ちます。
このため、全組合員へのアンケートで居住者のニーズを把握して問題点を浮き彫りにし整理しておくことが大事な手順となるのです。

管理会社の選定・見積もり依頼

管理会社の選定・見積もり依頼 マンションの管理会社変更する場合には、いくつかの会社に見積もりを出してもらうようにしましょう。
見積もりを出してもらう時にはマンションを候補の管理会社に実際に見てもらう必要もあるため、一社ずつ対応するのではなく、同じ日に見に来てもらうなど工夫をして行なうと管理組合にとっても負担が少なくなります。
管理会社変更で大切なことは、現状よりも条件がよくなるということです。金額が安くなっても管理のサービスが悪くなってしまったということでは意味がありませんから、金額だけでなくどのようなサービスがあるのかもしっかりと確認しましょう。
文書だけではわかりづらいことも多いので、ある程度の候補を絞ったら、候補の管理会社にどういったサービスがあって、その管理会社を利用するとどのようなメリットがあるのかプレゼンをしてもらうとわかりやすくなります。
この時に営業マンだけでなく、実際にマンションを管理する人にも来てもらうとよいでしょう。