見積金額・提案内容の比較検討

管理会社変更の際の注意点

管理会社変更の際の注意点 マンションの区分所有者にとって、そのマンションの管理会社のことは常に気にかけておくべきことです。
特に投資用に物件を持っている方にとっては、そのマンション管理会社の業務への取り組みによって物件自体の価値も大きく左右されるからです。
売却するにしても、賃貸に出して経営をするにしても、マンション管理会社の物件管理能力やきめ細かさが重要になります。
あまりに取り組みが悪いマンション管理会社である場合は、管理会社変更の手続きを取れば他の信頼できる業者に変更をすることができます。
このマンション管理会社変更をするためにはマンション管理組合の議決を得る必要があります。
管理委託契約の解除及び新しい管理会社との契約締結をする必要があります。
マンション管理組合の同意を得るのは難しいと考えられがちですが、最近の管理組合は形骸化しているので、自分が理事長になったらかなりの部分の主導権を持つことができるので、一考の価値があると思われます。

新管理会社と管理委託契約を締結

新管理会社と管理委託契約を締結 不動産経営をするうえで大変重要となるのが、管理会社の業務への取り組みです。
実際に物件の管理及び維持をすることになりますから、この管理会社及びその担当者の業務への取り組み如何で物件の価値が大きく左右されるといっても過言ではありません。
また、業務委託をすることになりますから、高額の委託費用を支払う必要がある為、それに見合う業務をしているかどうかを常にチェックしておくことが重要です。
あまりに動きが悪い管理会社であるなら、他の同業者に管理会社変更をするという手段もあります。
この管理会社変更をするためには管理組合の議決が必要となる為、簡単には実行できないといわれがちですが、最近は管理組合がかなり形骸化してきているため、その理事長になることでかなりの主導権を握ることができることが多いです。
新しい管理会社との業務委託契約締結をして現状の会社との契約解消をすることで、新しい管理会社に物件を委託することができるようになります。